SERVICE

Moon venturesの独自のノウハウを生かし、日中間のオープンイノベーションプラットフォームを通して、3つのサービスを構築した。

日本企業の中国進出

日本企業の中国進出

日本大企業の新規事業、日本での大学初ベンチャー、技術系のベンチャー企業を対象としたサービスの実証実験サービスを提供する。
弊社が浙江省政府と共同で設立した2500平米のオープンイノベーション拠点でデータの収集、サービスのシミュレーション及びテストマーケティングを短時間で実現することが可能。

中国企業の日本進出

中国企業の日本進出

中国で応用された最先端のテクノロジーをソーリュションとして日本企業へ提供する。
弊社が中国政府、大学、企業と構築した技術エコシステムを通して、最先端のテクノロジーを日本でのローカライズをサポートすることで、日本が実現したいスマート社会や労働力不足などの社会問題解決し、日本の伝統産業のデジタル化を加速するために貢献する。

日中間の投資活動

日中間の投資活動

日中間のニーズのあるディープテック事業に投資活動を行い、弊社が持つオープンイノベーションプラットフォームでリソースとノウハウを提供し、スケールしやすいエクジットのソリューションを提供する。

FEATURES

初の日中官民協同のオープンイノベーションプラットフォーム×ベンチャーキャピタル
中国政府のバックアップによる、企業との事業提携、大学との協同研究、またはサービスの実証実験、
資金支援。これまでの日本企業の新規事業にに不足していたリソースやノウハウを提供

O Open Innovation

杭州市政府と共同開発したオープンイノベーションプラットフォームで現地100%子会社の立ち上げ、中国におけるサービスの展開をサポートする

G GOVERNMENT

政府の特別優遇政策の元、投資、補助金、税金軽減などで事業の立ち上げを全面的にバックアップ。

C COLLABORATION

中国の有力企業との事業提携や有名大学との共同研究、または地域の実証実験などのハイレベルなコラボレーションにより事業を推進。

E Exit

エクジット市難しいディープテックを素早く中国市場でサービスを展開し、弊社のオープンイノベーションプラットフォームを通して、事業をスケールすることができる。また、日本企業として、科学イノベーションボートに上場することもできる

日本で実現できない実証実験の場として使える

杭州のイノベーション特区、北京の自動運転特区などの地方政府との協業で、
日本で実現しにくいバイオ、ロボット、自動運転、スマートシティなどの
データ連動サービスの実証実験を展開することが可能となる

事例:杭州イノベーション団地X5Gマイクロバスベンチャー
事例:杭州イノベーション団地X5Gマイクロバスベンチャー

元々上海で拠点を作ったBXT社は5Gマイクロバスの自動運転のベンチャーであった。
しかし製品化されるために、レギュレーション、実証実験がなかなかできなかった

杭州のイノベーション特区から誘致された:

オフィス家賃3年無料

開発された製品の買取を政府が全額保証

合計5KMの一般道路を封鎖し、1年間無償で使えるようになった

結果:

誘致から半年、試運転が成功

8ヶ月間アリババと協業始まり、スマートシティ連動

1年間、政府が十台仕入れし、試運転が始まり、2020年アジアオリピックに応用することを発表した。

実証実験から製品化わずかの1年間で成功