2020.08.26 Info

INGDATA(鯨準)×Moon Ventures| 日本のディープテック技術の商業化サポートにおける業務提携

JINGDATA(鯨準)×Moon Ventures|
日本のディープテック技術の商業化サポートにおける業務提携

JINGDATA(鯨準)を運営する北京創業光荣信息科技有限責任公司( 住所:北京市朝陽区西大望路15号4-11F,1101-088室,代表取締役 柴源)とMoon Ventures株式会社(Moon Ventures, 住所:东京都新宿区西新宿6-15-1,セントラルパークタワー1301,代表取締役LINQI)はこのほど、日本のディープテック技術の商業化サポートについて業務提携しました。中国におけるディープテック分野の産業規模が急拡大する中、双方は日中間での技術導入、事業創出、技術促進などを共同で進め、日中間のディープテックイノベーションプラットフォームの共同構築、技術基盤に基づいた事業開発の探索などを通じて全面的な業務提携を展開します。

JINGDATA(鯨準)について

JINGDATA(鯨準)は、中国最大のテックメディア36Krのグループ会社で、同社は世界中の企業350万社、起業家利用者75万人、投資ファンド15万社をカバーするデータベースを保有し、現在は投資家、産業団地、ベンチャーのマッチングプラットフォームの運営や資産管理などのサービスを揃えています。また、中国における各領域の投資情報、事業展開情報をレポートとして作成する鯨準研究センターで最先端の情報を届けています。そして、JINGDATA(鯨準)は産学、政府連携イノベーションプロジェクトも多数連携しており、中国各都市の地域特性に合わせた産業別地域先端技術イノベーション団地の開発も政府と共同で行っています。

Moon Venturesについて

Moon Ventures は2014年に設立されたディープテックのインキュベーションに特化した投資コンサルティング会社。

Moon Venturesは今まで、フォーチュン・グローバル500に名を連ねる有名企業のほか、大学、研究機関、ディープテック技術スタートアップを多数支援しており、同社は2019年に杭州蕭山に中国初の日中の産業連携に特化したインキュベーションセンターを設立しました。日本市場でビジネス創出が難しいディープテック技術を中国市場とのマッチングすることにより、技術の商業化に成功。「日本で開発し、中国で育て、世界に展開する」というソリューションを提供し、ディープテック産業の活性化を目的としています。

協力背景:

日本のディープテック産業では、研究開発面で技術的な優位性を持つ反面、研究開発のサイクルが長いことやインフラが構築されていないため、国内でのビジネス活用シーンが限られる問題がありました。また法規制により新技術の実証実験が難しく、技術の事業開発がなかなかできないなどの問題点を抱えています。その結果、資金調達が困難になり、技術の商業化に関する実証実験から最終的な商用化段階に至るまでの壁がありました。

そこで、JINGDATA(鯨準)とMoon Venturesは2020年初頭に戦略、業務についての協力をスタートし、双方は、互いの強みを充分に生かし、産業育成やプロジェクトのマッチング、プラットフォームの共同構築、顧客リソースの融合などさまざまな分野での協力を展開し、JINGDATA(鯨準)が持つ中国国内の投資家データベースと産学各方面のリソースを生かし、日本のディープテック技術に関する知的財産権や利益の保護を前提に、中国の広大なビジネスシーンを活用し、日本のディープテック向けに資金調達、実証実験、産学連携、商用化に関するより効率的なソリューションを提供することを共同で策定してきました。

協力内容

1.日本のディープテック技術のブランディング

JINGDATA(鯨準)のプラットフォーム上に、Moon Venturesの特設ページを公開し、日本のディープテック技術会社の情報を特定のカテゴリに分類し、JINGDATA(鯨準)のマッチングAIシステムにより、ファンド、事業会社、政府団地に情報を公開します。

2.日本のディープテック技術の資金調達支援

JINGDATA(鯨準)が持つ15万社のファンドのデーターベースからディープテック技術とファンドのニーズに合わせ、定期的に技術特化のオンラインロードショーを行い、日本のディープテック技術に資金調達を支援します。

3.日本のディープティック技術の商業化支援

鯨準研究センターが保有している業界別分析レポートに基づき、日本のディープテック技術の商業ニーズを掘り出し、最適な事業パートナーをマッチングし、商業化向けの実証実験を素早く展開できるように支援します。

今後について

Moon Venturesの杭州のインキュベーションセンターを元に、JINGDATA(鯨準)と協力し、日本のディープテック技術のブランディング、資金調達、商業化支援を実行し、日本で研究開発した技術を中国で実証実験を行い、素早く商業化まで持っていき、日本市場または世界市場へ展開するスキームの構築を目指します。

以上

【本件に関するお問い合わせ先】

Moon Ventures 株式会社

広報担当 近都 Email:info@Moonv.io

北京創業光荣信息科技有限責任公司

広報担当 譚 Email: tanhaofu@jingdata.com